見る・遊ぶ 暮らす・働く

船橋の二宮神社で節分祭-ふなっしー来場のうわさも、実際はチーバくん登場

松戸徹船橋市長、チーバくんも宮司らと共に豆や菓子を来場者に向かって投げ入れた。

松戸徹船橋市長、チーバくんも宮司らと共に豆や菓子を来場者に向かって投げ入れた。

  •  
  •  

 二宮神社(船橋市三山5)で2月3日、節分祭が行われた。

船橋市内で唯一、船橋市非公認キャラクター「ふなっしー」のお守りを販売している(関連画像)

 同神社は1200年の歴史を持つ船橋を代表する古社。境内では船橋市非公認キャラクター「ふなっしー」のお守りを船橋市内で唯一販売しており、ファンの間で話題となり新年から多くの人を集めている。

[広告]

 そうしたことから、一部のファンの間では「もしかしてふなっしーのサプライズ来場も…」と、期待の声が上がっていたという。実際にはこの日、ふなっしーではなく千葉県公式キャラクターのチーバくんが登場したが、来場者からは大きな歓声が上がっていた。

 境内には「毎年夫婦でカメラを持って来ている」という近隣在住の70代男性や、「遠方だけど、厳かな雰囲気が好きで」という40代男性など、豆まきを楽しむとともに撮影を楽しみに訪れた人も多く見られた。

 祭事では、初めに氏子が社殿に上がり神事と奉納を行い、その後、社殿前の舞台で獅子舞と大黒の舞が披露された。

 終盤、社殿から鬼を追い出すのを合図に豆まきを実施。ゲストとして松戸徹船橋市長が訪れ「歴史ある二宮神社の豆まきに招かれ光栄。皆さまにも福がありますように」と、宮司らと共に豆や菓子を来場者に向かって投げ入れた。

  • はてなブックマークに追加