食べる 暮らす・働く

船橋西武でご当地グルメ催事 地元パティシエが船橋のなしスイーツやパン開発

船芳園の梨を使ったパティスリーイルコンフィの「バトポン」

船芳園の梨を使ったパティスリーイルコンフィの「バトポン」

  •  
  •  

 西武百貨店船橋店(船橋市本町1)で現在、船橋のなしメニューをメーンとした船橋グルメの催事「京成沿線美味(おい)しい博覧会」が行われている。

「京成沿線美味(おい)しい博覧会」の出店者たち

 船橋市内の産品ブランド「ふなばしセレクション」の販売と船橋のなしを使ったスイーツをはじめとした各種オリジナルメニューを看板に、京成沿線の下町グルメや空港グルメまでを取り扱い、ご当地にこだわる同催事。今回のメーンは、地元の梨農家とパティシエ、パン店とのコラボ。6件の洋菓子店、8件のパン店が催事に合わせた新メニューを開発し提供する。

[広告]

 船橋のなしメニューの出店者とメニューは以下の通り。菓子工房アントレ「和梨のぷるるんジュレ」(梨農家=船芳園、410円)、パティスリーイルコンフィ「バトポン」(同、450円)、ホームケーキマミー「和梨のタルト」(高橋梨園、350円)、菓人KICHISE「船橋和梨スフレ」(大長園、1,080円)、パティスリーラパージュ「和梨とキャラメルのお菓子」(三川園、480円)、パティスリーラパン「猫ぱんち和梨」(植草果実園、238円)、アンポンタンドゥ(君塚利和)「梨の丘」(大長園、173円)。

 ドリームフーズ「なしのデニッシュ」(植草果実園、324円)、レ トワ エピ「梨のブリオッシュ」(船芳園、216円)、アーノルド・フジ・タカムラ「メロンパン」(同、270円)、ノルデン「梨とアーモンドのデニッシュ」(大長園、270円)、下田康生堂「梨の食パン」(植草果実園、540円)、トレポンテマリアージュ「ヴィエノワーズ梨ジャム」(高橋梨園、200円)、キャニス・ミノール「梨日和(なしごろ)」(植草果実園、160円)。

ほか、船橋セレクションからは「梨シャーベット」や「船橋産小松菜とホンビノス貝のピッツア」などを販売する4店、京成沿線グルメからは「ふなっしーバーガー」や「すずきめし」などを提供する5店が出店している。

 営業時間は10時~20時30分(月曜・火曜・日曜は20時、最終日は7階催事場のみ17時まで)。入場無料。9日まで。

  • はてなブックマークに追加