見る・遊ぶ

ふなっしー、初の吹き替えに挑戦-ハリウッド映画「パーシージャクソン」で

映画のパンフレットを手に意気込みを語る「ふなっしー」(関連画像)

映画のパンフレットを手に意気込みを語る「ふなっしー」(関連画像)

  • 0

  •  

  船橋市非公認のご当地キャラ「ふなっしー」が、ハリウッド映画「パーシージャクソンとオリンポスの神々・魔の海」で初の実写吹き替えに挑戦する。配給元の20世紀フォックスが9月12日、発表した。

 同作品は、130週連続売り上げベストテン入りした前作「パーシージャクソンとオリンポスの神々」から3年を経て、今年11月1日公開の最新作となる。

[広告]

 ふなっしーは今回の日本語吹き替え版で、AKB48の渡辺麻友さん、俳優でアニメ映画の「DEATH NOTE」では、主人公の夜神月役を務めた声優・宮野真守さんとの初共演となる。

 ふなっしーが演じるのはギリシャ神話の「伝令の神ヘルメス」の力の象徴であるつえに絡みつく「蛇のジョージ」役。人間界でヘルメスが運営するオリンポスの宅配会社のシーンで、パーシーたちに世界を救う「黄金の毛皮」の手掛かりを伝える重要な役どころだという。

 初めての実写映画吹き替えについて、「もともとの映像がしゃべっている間に、ふなっしーもセリフを終えなきゃいけないのが初めてで、結構難しかったなっしー」とコメント。「蛇が出てきたら『あっふなっしーだ』って思ってくれなっしー。よろしくなっしー!!エンドロールが楽しみなっしー!!梨汁ブシャァァ!!」とも。