天気予報

18

12

みん経トピックス

ふなっしー切符限定発売船橋豊田梨園が千葉県1位

恒例の陸上自衛隊習志野駐屯地「夏まつり」 約8万人来場、花火も

 陸上自衛隊習志野駐屯地(船橋市薬円台3)で8月5日・6日、恒例の「夏まつり」が開催された。

花火の様子

 毎年8月第1土曜と日曜の2日間にわたり、自衛隊の駐屯地を市民に開放して地域交流のために開催されている同祭り。

 今夏も例年通り2日間にわたり、模擬店、お化け屋敷、落下傘装着体験、野外アスレチック、ステージイベントや部隊対抗フェスティバル、隊員相撲、盆踊りなどが行われ、初日の締めくくりには打ち上げ花火が夜空を彩った。

 例年「曹友会」が趣向を凝らして企画する今年の目玉企画、誰が一番大声を出せるかを競う「大声大会」には約60人の参加があった。

 「幸せの黄色いリストバンド」は昨年からの企画で、未婚の独身男性が手首に同リストバンドをつけて恋人募集をアピールするというもの。「昨年好評だったので今年も行った」と話すのは、広報部担当者。

 両日13時に始まった祭りは、5日の夜は約850発の花火が夏の夜空を色鮮やかに染め上げた。しかし6日は、夕方からの大雨で、盆踊りは途中で中止になった。

 入場者数は2日間で約8万人、例年より多くの来場者でにぎわったという。市内在住で、よく近くを訪れているという子連れの女性は「普段はいろいろと大きな音を出している自衛隊だが、こうして地域のことを思って開催してくださるのはありがたい。子どもも楽しんでいた」と笑顔で話した。

グローバルフォトニュース