見る・遊ぶ

船橋漁港で「日本クラムチャウダー選手権初開催へ」 パンフェスも同時開催

来場を呼び掛ける船橋漁協会長の内海金太郎さん

来場を呼び掛ける船橋漁協会長の内海金太郎さん

  •  

 船橋の特産品「ホンビノス貝」を使って日本一のクラムチャウダーを決めるイベント「第1回日本クラムチャウダー選手権」が2月16日、船橋漁港(船橋市湊町3)のボートパーク付近で開催される。

 全国トップクラスのホンビノス貝漁獲高を誇る船橋市。船橋漁港でのホンビノス貝取引は2005年ごろから始まり、船橋市漁業協同組合の統計によると、2013年頃には564トン、2017年には1676トンと採れ高は年々伸びているという。また、ホンビノス貝は外来種で、貨物船の排出するバラスト水に混ざって北米から運ばれてきたのではないかとされており、現在は年間を通じて採れ、ほかの在来種とも共存でき、生命力も強いため、漁師たちの間では人気が高いという。実行委員長兼協会会長の内海金太郎さんによると、現在は毎日20~30隻の漁船がホンビノス貝漁に向かい、仲買業者4社が取り扱って国内に流通させているという。

[広告]

 地元船橋を中心とした有志で結成した日本クラムチャウダー選手権実行委員会ではイベントに先立ち「日本クラムチャウダー協会」を任意団体として設立。クラムチャウダーを通じてホンビノス貝を知ってもらい、船橋の漁業や漁師に関心を持ってもらおうと活動を進めている。

 当日は、「いっきゅう」「フナバシ屋」「船橋ビール醸造所」「ラシサライニング」「ざく」「チャンカーオ」「貝殻亭」「石井食品」「フィロコフィア」「ラーメンBAR963」「パスタカフェエピキュリアン」「カジェーロ」「居酒屋ちょいちょい」の13店が出店を予定している(2月1日現在)。

 「日本クラムチャウダー選手権」は、船橋で水揚げされたホンビノス貝を使い、1店200食、1杯120ミリリットル=300円~500円を目安に価格を設定する。参加者は自分が食べて気に入ったクラムチャウダーに「スプーン」で投票する仕組み。

 内海さんは「国内トップクラスの水揚げ量を誇るホンビノス貝の街・船橋なので、海発信のイベントにはぴったり」と話す。

 会場では同日、スープとの相性も良いことから「パンフェスティバル」も同時開催する。

 開催時間は9時~12時。入場無料、雨天決行。会場は駐車場がないため、公共交通機関での来場を呼び掛ける。イベント情報はフェイスブックページ「日本クラムチャウダー協会」で随時配信する。