暮らす・働く

船橋商工会議所青年部が船橋駅南口で抗原検査キットの街頭販売

販売場所となるセブン-イレブン船橋駅南口店外観

販売場所となるセブン-イレブン船橋駅南口店外観

  • 29

  •  

 船橋商工会議所青年部(以下、船橋YEG)が船橋駅南口ロータリー横のセブン-イレブン船橋駅南口店(船橋市本町4)で12月24日、25日の2日間、新型コロナウイルスの抗原検査キットを街頭販売する。

 船橋YEGが今回販売するのは、ジャパンヘルスケアサービス(東京都中央区)が販売する検査キット「JOYSBIO」。同社では商品名を「COVID-19抗原検査キット」として販売し、「万が一、体調に変化があった場合に自宅などでコロナウイルス感染の有無の判断材料の一つとして確認することができるもの」としている。

[広告]

 研究用試薬として販売され、病院などに行かなくてもどこでも検査をすることができ、約15分で結果が出る。企業や個人のコロナウイルス対策に対する一つの判断材料として活用できる。

 船橋YEG会長の植草宏介さんは「私たちは経済的ダメージにより失う命を救うことを真剣に考える役割も必要。商工会議所は経済団体であり、経済的な観点で会員企業の命を守る役割があるはず。そこでこのキットを活用してもらえたら」と話す。

 「特徴や使い方を理解し活用すれば、不安の解消やさらなる感染拡大の防止に寄与し、地域経済や社会活動に役立つ。医療品のエビデンスが無いものはなかなか公共性や信頼性の観点で行政は扱いにくいとされている。しかし、医療品でないからこそ個人がいつでもどこでも利用できることがメリットなので、私たちが民間の立場や発想で、率先して動こうと企画の実行に至った」と続ける。

 検査制度は100%ではないこと、自身で検査することによる操作面の精度に誤差が生じる可能性があること、陰性証明の発行はできないこと、公的な検査ではなくあくまでも研究用でありスクーリング目的の活用に限定されることに注意が必要。

 船橋YEGのメンバーで大木無線電気(船橋市芝山4)の大木武士さんは、同キットを社内にも常備し、社員にも配布している。「自宅で具合が悪ければその場でキットを利用できる。もしも陽性ならば、出社せずにしかるべき対応を取れば未然に社内のクラスターを防げるし、例えば熱がある社員を原因が分からずに怖がり、1週間や2週間と無駄に休ませては、ただでさえ人手不足の中小企業にとって雇用機会の損失」と活用例を挙げた。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース