天気予報

22

11

みん経トピックス

船橋で「千人の音楽祭」その振り込み待ったなっしー

船橋のセレクトショップ「ハーフヤード」、習志野台の住宅地に移転に

 船橋でアメリカ直輸入の品を扱うセレクトショップ「HALF YARD(ハーフヤード)」(船橋市習志野台5、TEL 047-461-0454)が習志野台5丁目の大通り沿いに移転オープンし約半年になる。

店内の様子(関連画像)

 同店は約20年前、北習志野・エビス通りから「三角公園」に向かう途中の一角にオープン。昨年夏まで約20年弱営業を続けた。

 「『NAS』が撤退してから、客の入りが以前ほどではなくなった。店舗面積がちょうど良かったこともあり移転を決めた」と、20年前に同店を立ち上げた元店主の大川仁さんは話す。

 同店立ち上げ前、大川さんはハンバーガー店を経営。千葉県内に2店舗を構えていた。「アメリカが大好き。仕事としてアメリカに行けるようにしたい」と考え、その後、セレクトショップの経営に転換。念願かないアメリカと日本を行き来する生活を送るようになった。現在は、娘の桃子さんが店主を務める。

 店舗面積は約21坪。「今も、昔からのなじみ客がずっと通ってくださっているが、初めての人の中には古着屋だと思っている人も多い」と大川さん。

 扱う商品は、主にアメリカ西海岸から仕入れる衣料品。現地でも人気のある「Abercrombie&Fitch(通称アバクロ)」「POLO ラルフローレン」のほか、キッズ&ベビー服で人気の「カーターズ」などのブランドを中心としたそろえる。サイズはベビーからキッズのほか、大人サイズまで豊富だ。「特に男子の服は国内ブランドのはあまりかっこ良いのが見つからない。『POLO』『アバクロ』などはボーイズラインもかわいくおしゃれなので、やはり需要もある」とも。

 同店で扱う「POLO ラルフローレン」商品は、デパートなどでの販売価格からの40~60%安い価格で販売している。「現地のアウトレットで仕入れているので実現できるプライス」と大川さん。

 同店にはスタイなどのベビー小物も多く、出産ギフトなどを選ぶ人も多いという。ヘリウムガスで膨らますバルーンもそろえ、パーティー小物としても人気とのこと。

 営業時間は10時30分~19時。店内には小さい子どもが遊べるスペースも確保。駐車場1台完備(要事前連絡)。

グローバルフォトニュース