暮らす・働く

京成船橋駅で痴漢撲滅啓発イベント 千葉県警と女子プロレスラーが呼び掛け

ホームをパトロール

ホームをパトロール

  •  
  •  

 京成電鉄が6月11日、京成船橋駅(船橋市本町1)で千葉県警と女子プロレス団体「Marvelous」(マーベラス)の共同で痴漢撲滅啓発イベントを行った。

長与千種さんが撃退法を説明

 関東地方の鉄道各社では6月1日~15日、痴漢撲滅キャンペーンを実施。期間中は所轄警察協力の下、警戒を強化すると共に、乗客には痴漢被害者を見かけたら駅員などに知らせるようポスターや列車内・駅構内で呼び掛けを行っている。京成船橋駅での痴漢撲滅イベントは今回が初めて。

[広告]

 イベントでは船橋を拠点に活動する女子プロレス団体「Marvelous」の長与千種代表を「一日鉄道警察隊長」に迎え、同団体所属レスラーの彩羽匠(いろはたくみ)さん、門倉凛(かどくらりん)さん、桃野美桜(もものみお)さんを「一日鉄道警察官」に任命した。、京成電鉄が発行するクレジットカード「京成カード」のマスコットキャラクター「京成パンダ」や千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」、千葉県警察の「シーポック」も来場し、フェイスビル連絡通路横に設けられたステージには通行人やファンが多く集まった。

 会場では、京成船橋駅長の平山和嘉さんがあいさつを行った後、「Marvelous」メンバーと千葉県警女性署員による痴漢護身術の実演が行われた。10代の頃に映画館で痴漢にあった経験があるという長与さんは「その時は固まって何も言えなかった。被害にあったら声を上げてほしい。泣き寝入りすると絶対に後悔する」と訴えた。

 女性が被害者となる事例の専門知識を持つ、千葉県警生活安全総務課の「よくし隊レディ・あおぼーし」の永田裕子さんは「痴漢にあったらまず声を上げてほしい。周りの人が味方になってくれる」と話す。「痴漢の手や指をつかんで上に上げる」「おしりはバックで隠す」「エスカレーターでは少し斜めに立つ」など、すぐに役立つ痴漢防御対策をレスラーと共に実演を交えながら伝授した。

 ステージでは、痴漢に扮(ふん)した千葉県警女性署員を相手に、桃野さんがユーモアを交えてプロレス技をかけ撃退する一幕も。長与さんは「痴漢は卑劣な行為。見かけたら何とかして手を差し伸べてほしい」と呼び掛けた。

  • はてなブックマークに追加