食べる

船橋にギョーザ専門店「CHAOZ TOKYO」-チェーン化目指し開店

ギョーザ専門を掲げ、女性客をターゲットにした戦略で展開する「CHAOZ TOKYO」

ギョーザ専門を掲げ、女性客をターゲットにした戦略で展開する「CHAOZ TOKYO」

  •  
  •  

 船橋駅南口の繁華街・山口横丁に4月8日、ギョーザ専門店「CHAOZ TOKYO(餃子東京)」(船橋市本町4、TEL 047-481-8836)がオープンした。

 店主は、千葉県内を中心に海外まで含め25店舗、居酒屋業態を中心とした店舗網を広げている「くふ楽」グループで取締役まで務めた櫛田崇さん(35)。店舗面積は11坪。テーブル4卓12席、カウンター8席の長細い店内が特徴。

[広告]

 「徹底的にチェーン化を視野に入れて店作りをした」と櫛田さん。半年後には、都内に2号店の出店も視野に入れているという。前職で新業態や新店立ち上げなどを担当していた経験を生かす。「日本人の好きな食べ物上位10位までの全国チェーンでも女性向きが少ない業態を選んだ」

 店内の清潔感を維持するため、中華料理店特有の油臭さが出ない全自動の機械でギョーザを焼く。ギョーザの具はオリジナルだが、皮を包む作業も1時間で1500個を包める機械に任せる。

 女性客を意識して、ノーマルギョーザにはニラやニンニクを入れない。その分野菜を多めにし、1個あたりの重量を20グラムに抑えた。ギョーザはしょうゆで食べる文化が定着している事から、同店では「黒こしょう」で食べるのを推奨。ラー油もオリジナルの「食べられるラー油」を長ネギとニンニクの調合で開発した。

 メニューには、ギョーザとニラニンニク入りギョーザ、水ギョーザが並び、6個入りで290円の均一価格。サイドオーダーはモヤシ、キャベツ、キュウリ(いずれも180円)を用意。ドリンクも、生ビール(500円)のほかは、ハイボール(390円)や3種類のサワー(380円)のみとシンプルな構成で勝負する。

 「全国に出店するのが夢」と語る櫛田さん。「せっかく生まれてきたのだから自分の可能性を試してみたい」と、10年間走り続けてきた前職を退職し、一念発起して新たな人生をギョーザに懸ける。

 営業時間は11時~24時。無休。

  • はてなブックマークに追加