買う

船橋・東武百貨店でXマス用「メリッパ」販売-船橋産野菜とコラボ

船橋産野菜とコラボの「メリッパ」と「カジュアルバッグ」

船橋産野菜とコラボの「メリッパ」と「カジュアルバッグ」

  •  
  •  

 東武百貨店船橋店(船橋市本町7、TEL 047-425-2211)で12月5日、新商品作・室内履き「メリッパ」の販売が始まった。

「西船橋産小松菜」と「船橋にんじん」で染めた「メリッパ」(関連画像)

 東武百貨店では、前回好評だった「西船橋産小松菜カットソー」に続く第2弾として船橋産野菜「西船橋産小松菜」と「船橋にんじん」から得られた染料を使った室内履き「メリッパ」を販売。クリスマスの時期と重なることから、クリスマスカラーの緑と赤を船橋産野菜で表現した。「西船橋産小松菜カットソー」は婦人対象だったが、今回は老若男女を問わず男女兼用で幅広い年代に使えるものを考案した。

[広告]

 メリッパとは、中橋莫大小(メリヤス)(東京都墨田区)の既存商品で、社名の「莫大小(メリヤス)」と「スリッパ」を掛け合わせた造語。靴下でもスリッパでもない足元のファッションを提案。メリヤス地を日本の染料技術で染め上げ職人が手作りしている。

 東武百貨店で10月から期間限定で販売したところ、3週間で200足以上売れるというヒット商品になった。締め付けがなく、軽く、滑り止めも付いているため、足が不自由な人も使いやすい仕様になっている。リピート率も高いという。

サイズは、M(21~24センチcm)とLサイズ(24.5~27.5cm)の2サイズ展開。価格は4,830円。

 メリッパと同様、船橋産の野菜を使った染料で染めた「カジュアルバッグ」(9,240円)も同時に販売。リバーシブル仕様で、チェック柄の生地がウール、無地部分が綿と和紙糸で編まれた生地になっている。

 初回は「メリッパ」各色10足、「カジュアルバッグ」各色20個を用意する。

  • はてなブックマークに追加