食べる 暮らす・働く

市川・千葉商科大学に「世界一ワクワクする」学生食堂 人気企業などが監修

カフェのような店内

カフェのような店内

  •  
  •  

 千葉商科大学(市川市国府台1、TEL 047-372-4111)で5月11日、昨年7月に着工した学生食堂「The University DINING(ザ ユニバーシティ ダイニング)」がグランドオープンした

食堂の外観(関連画像)

 同フロアは、瑞穂会館地下にあった食堂をリニューアル。学生の満足度を高めることや、地域に溶け込み愛される大学を目指して企画された。学生にとって食事はもちろん、授業の空き時間や放課後なども仲間と一緒に過ごせる空間、環境の提供をコンセプトとしている。島田晴雄学長は「学生が居心地のよい空間で、新しい発想ができるような環境を提供したいと考えて計画した。日本の大学を変えていくきっかけを作っていきたい」と話す。

[広告]

 食堂面積は約339坪。席数は350席。敷地選定・企画調整・建築設計は、「世界で最も美しい図書館25」に選ばれた「金沢海みらい図書館」を手掛けた「シーラカンスK&H」が担当。約1000パーツの木構造LVL材(単層板積層材)を上下2段に組み、木漏れ日のような優しい光の広がる空間を実現している。

  学食のプロデュースや運営は、世界一の朝食を提供すると話題のレストラン「bills」や、カフェ「Sign」など約60店舗の運営を手掛けるトランジットジェネラルオフィス(港区)が担当。ベーカリーメニューは「自由が丘ベイクショップ」の代表が監修している。栄養バランスを考えて数種類あるメニューの中から、自分の好きな料理を自由に組み合わせるシステム「プリフィックススタイル」を採用、オリジナリティーあふれたメニューを展開している。

 主なメニューはメーン・サイドディッシュ2品・スープ・主食からなるレギュラーセット(600円)とサイドディッシュが1品。その他、同じ内容のスモールセット(500円)も。主食の米は卒業生が手掛ける多古米を使用し、地産地消にも貢献する。

 また、学食のロゴはAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」や表参道ヒルズのロゴを手がけるダイアグラムが担当。ほかにも内装、ユニホーム、壁画、プロジェクトアドバイスなど、国内のみならず海外でも活躍するクリエーターが全てのコンセプトに関わっている。

 吉田優治サービス創造学部長は「世界一ワクワクする学食を目指し、また学生たちがリアルビジネスを学べるプラットホームにもなるだろう」と意気込む。

 営業時間は、月曜~金曜は、ランチ11時30分~14時、ベーカリー&コーヒー8時30分~19時。土曜・長期休暇の平日は11時30分~15時。日曜・祝日定休(そのほか、大学の夏季休暇・年末年始などの長期休暇や大学の休校日に準じる)。

  • はてなブックマークに追加