食べる

船橋本町通り「海老そば まるは」がリニューアル メニューに春雨も

小松洋平店長

小松洋平店長

  • 3

  •  

 船橋市内を中心にラーメン店を展開する「まるは」グループのえびそば専門店「海老(えび)そば まるは」(船橋市本町1、TEL 047-435-6668)が3月30日、「海老そば 煮干しそば まるは」としてリニューアルした。

店舗外観(関連画像)

 同店は3年前、同グループの6店舗目えびそば専門店としてオープン。今回煮干しそばも主力商品としてメニューに加え、「海老そば 煮干しそば まるは」にリニューアルした。

[広告]

 同店ではこれまで限定メニューとしてタイ、煮干し、ホンビノス、スズキなどで出汁(だし)を取ったラーメンを提供し、客の反応を見ながら新メニューを考えていた。社内でも話し合った結果、「一番好評だった煮干し出汁のラーメンを提供することに決めた」と店長の小松洋平さん。千葉県産の煮干しを使い、煮干しだけで出汁を取り、「ここでしか食べられない味」にこだわったという。

 麺を春雨に変えることもでき、「春雨はパクチーとの相性もいいので、えびそばの麺を春雨にしてパクチーをトッピングすると、また違った味が楽しめる」と小松さん。「えびそばと春雨の相性は抜群」とも。

 店舗面積は19坪、店内にはカウンター席16席を用意。今回のリニューアルで「海老そば 煮干しそば」と書いた新しい看板になった。

 メニューは、3種類の煮干しだけを使って出汁に、あっさりしつつもコクのある「煮干しそば」(750円)と、煮干しと豚や鶏を使って長時間煮込んだ濃厚な味わいの「濃厚煮干しそば」(850円)を用意。夏に向けて煮干しそばのつけ麺もメニューに加える予定。

 ほかにも、これまでの主力メニューのえびのみそで出汁を取った「えびそば」(750円)、鶏とえびを11時間以上煮込んだ濃厚スープが特徴の「濃厚えびそば」(850円)など。チャーシューやワンタンのほか、船橋産の小松菜やパクチーなどのトッピングも用意する。

「地域の方だけでなく、当店を目指して遠方からも来てもらえるような店にしたい」と小松さん。

 営業時間は11時~24時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース