3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

船橋の商店会に子ども食堂「こっこ」 中学区の子育て仲間で定期開催へ

満席でにぎわう店内

満席でにぎわう店内

  •  
  •  

 船橋市内で5番目の子ども食堂「こっこ」が4月16日、浜町商店会の喫茶「五番街」(船橋市浜町1)にオープンした。

野菜たっぷりのメニュー(関連画像)

 「子ども食堂」は、さまざまな事情により十分な食事がとれない子どもたちや1人で食事をしなければいけない子どもたちに、無料もしくは安価で食事や居場所を提供する民間活動。

[広告]

 12時のオープン前から列ができ、開店と同時に22席は満席に。閉店の15時までに92人が訪れた(中学生以下は52人)。食事代は高校生以上が1人で来店した場合は500円を寄付として受け取るが、中学生以下は無料。代表の笹田明子さんは「子どもだけでも家族連れでも、1人でも歓迎」と話す。

 メニューは栄養面だけでなく、見た目もかわいらしく鮮やかになるように工夫している。毎月テーマを決めており、今回は「進学・進級おめでとう」だった。

 同店は2月と3月にプレオープンを行い、準備を重ねてきた。プレオープンでは松戸徹市長をはじめ、自治会や支援者などを招待して理解を求めた。運営メンバー13人は、ほとんどが飲食業は未経験のため、仕入れ、調理などの段取りを試行錯誤し、この日のオープンに備えた。

 「こっこ」の運営メンバーは代表である笹田明子さんの宮本中学校学区の子育て仲間が中心。笹田さんはPTA役員を経験した後、現在民生委員、児童委員を務め、日頃から孤食が問題になっている子どもたちに何かできないか考えていた。そうした中、子ども食堂の存在を知り、「これならできるのでは」と思い活動を始めたという。

 初めは運営メンバーから少しずつ資金を借り入れたり、食材を募ったりとゼロからスタート。メンバーらが自治会、PTA、企業などに体当たりで理解を求めると次第に協力者が増えていった。店内には食材や資金の寄付をした個人、団体の名前が掲示されているが、匿名希望の協力者も多数いるという。

 会場である喫茶「五番街」の店主・牛垣雅志さんは「宮本中学校おやじの会」の一員であり、笹田さんとは友人を通じて知り合った。笹田さんから子ども食堂の場所として借りたい相談を受けた時に、「開催日の日曜は店の定休日なので、子どもから大人までが一緒に食事できる地域の憩いの場所になれば」と快諾した。

 今後は月1回、5月14日、6月11日、7月30日、8月20日、9月24日の日曜に開催を予定。開催時間は12時~15時。現在、ボランティアスタッフとサポート会員(年会費一口500円~)を募集中。問い合わせ先は喫茶「五番街」の牛垣さん(TEL 090-7287-6646)まで。

Stay at Home