天気予報

9

3

みん経トピックス

船橋・東葉高速鉄道フェス船橋に野村不動産高齢者住宅

津田沼・奏の杜地区で「しっくい塗り体験」 地域住民が新事務所の内装施工

津田沼・奏の杜地区で「しっくい塗り体験」 地域住民が新事務所の内装施工

しっくい塗り体験の様子

写真を拡大 地図を拡大

 大規模な開発の進む習志野市の奏の杜(もり)地区のリフォーム会社「フリーズライフ(船橋市夏見4、TEL 047-460-0001)」が11月4日、近隣住民を招いてしっくい塗り体験を行った。

体験の様子(関連画像)

 津田沼駅南口から徒歩5分ほどの場所に新事務所を開設するに当たり、「手作りの風合いを生かした内装が得意な当社が新しい事務所を作るのだから、しっくいを塗る体験を近隣の方々にも体験してもらい、一緒に事務所を育ててもらいたい」と、同事務所の責任者になる小野勝也さんが企画した。

 しっくいなどの壁材メーカー「オンザウォール」(静岡県静岡市)社長の村上哲之介さんと、DIY専門店「DIY FACTORY」(東京都世田谷区)の野口僚さんが講師を担当。参加者らは、村上さんからコテの使い方やしっくいの種類、塗り方のコツなどの説明を受けて壁塗りを始めた。子どもたちからは「手で塗ってもいいの?」「グシャってやってもいいの?」と質問が飛び交った。

 子どもが手で触ってもかぶれないよう、強いアルカリ性の「本しっくい」ではなく、オンザウォールのブランド商品「ひとりで塗れるもん」を使った。念のために手袋をし、参加者らは親子でしっくい塗り体験を楽しんだ。

 午前の部と午後の部を合わせて20組約50人が参加。新事務所は最近流行という天井裏がなく梁(はり)をいかした簡素なデザインで、体験会が行われる前は壁材の基礎板がむき出しだったが、午前・午後の回で全ての壁にしっくいを塗り込めた。

 同事務所のグランドオープンは11月19日。当日は「マイホーム個別相談」「中古を買ってリノベーション講座」「ポーセラーツ体験」「出張市場カフェ 無料でハンドドリップコーヒー」などのオープニングイベントを予定する。

グローバルフォトニュース