食べる

チキン丸ごとの「チキンラーメン」、話題に-船橋のラーメン店

チキンを丸ごと提供するチキンラーメンに多くの客が驚くという

チキンを丸ごと提供するチキンラーメンに多くの客が驚くという

  •  
  •  

 昨年10月にオープンした船橋のラーメン店「La Cigogne(ラ・シゴーニュ)」(船橋市宮本、TEL 047-460-0417)が提供している洋風ラーメンが、口コミサイトなどを中心に話題を呼んでいる。

丸ごとのチキンが運ばれてきて驚きを隠せない様子の来店客(関連画像)

 店舗面積は15坪で、カウンター8席のみ。壁に日本とフランスの国旗を飾り、奥の神棚には何故かお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の蛍原さんの幼少期の写真を飾っている。

[広告]

 人気メニューは「チキンラーメン辛ゴマミソ味」(1,000円)。麺は細縮れ麺か平打ち麺から選択可能。スープはゴマの風味が強く味は脂少なめであっさりとしている。スープにポタージュのような強いとろみがあることから常連客は「洋風ラーメン」と呼んでいる。 

 また、化学調味料は使わず天然素材だけを使用。食材も「安心・安全を追求し」、減農薬栽培で国の基準よりも厳しい放射能検査を実施している千葉県の契約農家から直接仕入れている。そのため、同店の料理に使われている野菜は味が濃く、甘みがある。

 トッピングとして、小皿に丸焼きのチキン提供される。「初めてチキンラーメンを注文したが、まさかチキンの丸焼きが出てくるとは思わなかった」と市内の会社に勤務する松下ひとみさん。

 店主の森本健介さん(38)は、舞浜の「ディズニーアンバサダーホテル」のオープニングシェフを務めるなど、数々のホテルで修業した後、スイスに渡りフレンチの修業を行った。「化学調味料を使うと誰でも似たような味になる。せっかく修業したのだから技術を生かした料理にしたかった」という。

 「もともと自分が食べたい料理を追求して作っていたら、自然と常連さんがついてきた」と森本さん。「とにかく安全な食材で作ったおいしい料理を皆さんに食べていただきたい」とも。

 営業時間は11時30分~15時。今後はディナー営業も予定する。

  • はてなブックマークに追加