見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

きららホールで「ニコmama祭」 地元女性起業家団体が企画、小物販売など

「ニコmama」メンバー

「ニコmama」メンバー

  •  

 船橋フェイスビル6階にある「市民創造文化会館(きららホール)」(船橋市本町1)で8月8日、イベント「ニコmama祭」が初開催される。

 主催は、船橋市内を中心に活動する子育て世代の女性起業家団体「ニコmama」。現在メンバー約130人が所属する同団体は、家族で楽しめるイベントの情報発信、リフレッシュできるイベントの企画運営、子育て中の起業女性を中心とした交流会を展開している。

[広告]

 同団体代表の関まりこさんは「子育ては楽しいことばかりではないため、たまには母親が気軽に楽しめる場所があればいいなと常々思っていた」と話す。関さんは2017年8月、女性起業家の齋藤恵里さんと共に同団体を立ち上げた。

 同団体設立1周年を記念して企画したという「ニコmama祭」は、写真、似顔絵、ハンドメード小物、焼き菓子、アクセサリーなどの販売、ワークショップなど約20ブースが出店する。「絆を深める親子ヨガ」ワークショップは、3歳から小学生が対象。親子で一緒に身体を動かすことでコミュニケーションを図りながらリフレッシュを図る。参加費は親子1組=500円。(事前要予約、先着10人)

 タイ式ヨガ、ルーシーダットンを体験する「ママのためのセルフボディメンテナンス」(参加費1人=500円、要予約)講師の福嶋景子さんは「深呼吸と簡単なポーズで、子育て中の凝り固まった身体を整えてもらいたい」と話す。

 会場内では当日、「おどりこまちラボ」のママと子どもたちがダンスを発表。その後女性起業家有志が、「天才てれびくんYOU」(NHK・Eテレ)番組エンディングテーマ曲「たてっ!よこっ!ななめっ!みんなのちから!」のダンス披露も。現在運営スタッフも特訓中、当日来場者全員で踊れるよう、同ダンスの練習動画をユーチューブで配信している。

 同イベントでは、「ミカド珈琲」のドリップコーヒーを先着来場者50人に進呈するほか、同イベントを事前予約した参加者を対象に「フラワーアレンジメント無料体験レッスンチケット」「出張温熱整体60分無料券」「アイシングクッキー」「羊毛マスコット」などを抽選で65人に進呈する特典も用意する。

 関さんは「母親と子どもがニコニコ笑顔になれば家庭も円満で仕事も楽しくなる。ワクワクするブースを多数取りそろえるので、ぜひ多くの人に来てもらいたい」と呼び掛ける。

 開催時間は9時30分~12時。入場無料。