食べる

船橋にハワイアン風カフェ 親子で出店、お薦めは「クリーミーなカプチーノ」

右からオーナーの亜紀さん、娘の未来さん

右からオーナーの亜紀さん、娘の未来さん

  •  
  •  

 カフェ「moana」(船橋市前原西8、TEL 070-3248-7708)が10月29日、新京成線前原駅から徒歩8分の場所にオープンした。

こだわりのカプチーノとマグカップ

 同店を営むのは店主の岩尾亜紀さんと娘の未来さん。亜紀さんは生まれも育ちも船橋。飲食店を開くのが夢で、最初はキッチンカーで営業を始めた。当時、同所にあったケーキ店が閉店したのを知り、自宅からも近く、長年の夢だった自身の店を開店した。

[広告]

 亜紀さんは「ハワイの雰囲気が好きで、ハワイを感じられるように内装にもこだわった。店名もハワイにある『アラモアナ・ショッピングセンター』から取った」と話す。店内にあるプロジェクターには常に海の映像を映し、BGMはハワイアンミュージックを流す。

 店内面積は13坪。席数は4人掛けテーブル1卓と2人掛けテーブル3卓、カウンター3席。子ども椅子も2席用意し、来店人数によりレイアウトは変更可。店内貸し切りにも対応する。

 「お薦めはカプチーノ(480円)。泡がクリーミーできめ細やか。大きめのマグカップでたっぷり楽しめる。食器もこだわった」と亜紀さん。メニューはハワイにはこだわらず、自身が好きなものを提供する。ハンバーグやジンギスカンなど(900円)を5種そろえ、フレンチトースト(500円~)は中はふわふわ、片面はパリッとあめ焼きしたこだわりの品だという。フレンチトーストにはアイスをトッピングする。ハワイアンビールは14種類用意。フレンチトースト以外はテークアウトにも応じる。

 亜紀さんは「地域に密着したお店になりたい。子連れのママたちの憩いの場になればうれしい。ハワイの雰囲気の中でおいしい食事とビールを楽しんでもらえたら」とほほ笑む。

 営業時間は11時~18時(土曜は22時まで)。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加