3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

ふなばしアンデルセン公園、ららぽーとTOKYO-BAY、三番瀬海浜公園が再開

アンデルセン公園(6月2日の様子)

アンデルセン公園(6月2日の様子)

  •  
  •  

 「ふなばしアンデルセン公園」(船橋市金堀町)が6月2日、約2カ月ぶりに再開した。

アンデルセン公園、南ゲート付近

 再開初日の来場者数は約1300人。同園職員の藤田司さんは「日頃から同園へ通っていたというご夫婦は今日はバラを見に来たと話してくれた。やっと開園になったと喜んでくださっていた」と話す。

[広告]

 「現在、団体利用の受け入れを中止しているが、1000人を超える人数は平日としてはそこそこの人数。まだ学校も完全な形での再開ではないので、お母さんとお子さま連れでの来場が多かった」とも。

 入園時には接触のない赤外線の体温計で来場者の体温を計測。37度以上の場合は再度、体に付けて検温するタイプの体温計で計測するという。

 「ふなばし三番瀬海浜公園」(船橋市潮見町)は6月1日、約1カ月ぶりに再開。海浜公園の駐車場や人工海浜は通常通り利用できるが、園内は利用制限がかかっている場所がある。テニスコート・野球場の利用も1日から再開している。

 海浜公園に隣接する「ふなばし三番瀬環境学習館」は6月2日、約3カ月ぶりに再開した。展示エリア2階「触れる地球」コーナー、「親子ライブラリ」は当面の間休止し7月再開を予定している。団体受付は9月再開を予定する。ワークショップは7月中旬から順次再開を予定している。

ららぽーとTOKYO-BAY(船橋市浜町2)も1日から営業を再開している。営業時間は11時~20時(一部異なる店舗あり)。

Stay at Home