暮らす・働く

船橋・「ららぽーとTOKYO-BAY」にアフタースクール 預かりと教育サービスを提供

スクール入り口に立つ伊藤恵理さん

スクール入り口に立つ伊藤恵理さん

  • 2

  •  

 「ららぽーとTOKYO-BAY」(船橋市浜町2)に今春、幼児~小学生の預かりと習いごとを行うアフタースクール「ららぽーとTOKYO-BAY船橋校」がオープンする。1月23日・24日には「無料体験会&説明会」が開催された。

「アルゴクラブ」レッスン体験会の様子。隣の部屋で説明会が行われていた

 同スクールの経営は2020(平成32)年に10周年を迎えた「ウィズダムアカデミー」(港区麻布台)。東京を中心に展開し、船橋校は千葉エリアで幕張に次ぎ2カ所目となる。「放課後に安心して過ごせる『第3の家』」を目指し、のびのび過ごせる環境を用意するという。

[広告]

 対象年齢は3歳~12歳。違う年齢の子どもたちが共に過ごすことで、核家族化した時代にお互いを思いやり尊敬する気持ちを育てる。専任講師による「豊富な習いごと」も用意し、親が共働きの家庭でも平日に習いごとを子どもに経験させることができる。同校スタッフは「その分休日は家族の時間を大切にしてほしい」と話す。

 23日は、保護者向けにウィズダムアカデミー入学説明会が行われている間、子どもには隣の部屋で複数の体験会を行った。「遊び」を通して理系能力を高め、「算数」で鍛える頭脳トレーニングの教室「アルゴクラブ」や、ペーパークイリングで立体アートを作る「クイリングアートに挑戦しよう」、セルフエスティーム(自己肯定感)を高めるアート教室「K-ART SCHOOL」などの体験会が行われた。

 説明会で話をしたのは、同アカデミー学童運営本部営業推進企画部長の伊藤恵理さん。預かりに関してはスタッフ添乗による送迎サービスのほか、学校や園、自宅の送迎だけでなく、近隣の習いごとへの送迎も行う。

 宿題はスタッフが見守り、おやつは何時に入室しても用意があり、昼食・夕食はケータリングの申し込みが可能。室内には、カーペットとソファを置いたリビングスペースをはじめ、レッスンルーム、キッチンルーム、ダイニングスペースなども設置する。

 舩橋校の「習い事」は、アルゴクラブ、K-ART以外にも、英語、バレエ、空手、プロスタキッズ、サス学、書道、珠算などを用意。英語は子どものレベルに合わせたレッスン、プライベート枠も用意する。

 同校から半径約2キロが送迎範囲になるが、船橋市の場合は南部が海なので中心地点が教室ではなく、少し北側にあることの話もあった。

 説明会に参加した夫妻は「次男が小学生になるタイミングなので、面白そうだと思い参加した。体験会で子どもたちが集中してやっていたのでよかった」と話す。

 レギュラー会員利用料金は、3歳・年少=週1回2万5,800円~、年中・年長=週1回1万9,800円~、小学生=週1回1万6,800円~。各種任意オプションあり。

 問い合わせはウィズダムアカデミー(TEL 03-6914-0581)まで。2月・3月にも入校説明会あり。