見る・遊ぶ

「新京成ドリームトレイン」運行開始 子どもたちが描いた絵を掲出

車体にも子どもの描いた「夢」を掲出

車体にも子どもの描いた「夢」を掲出

  • 70

  •  

 新京成電鉄(鎌ケ谷市くぬぎ山)は9月16日、同社初となる企画「新京成ドリームトレイン」の運行を開始した。

車内中吊り広告スペースや窓上にも子どもたちの「夢」が

 「新京成ドリームトレイン」は、小学生以下の子どもたちが描いた絵「自分の夢・将来の夢」で電車を装飾する列車。同社広報担当者「新型コロナウイルスの影響の中、地域社会に元気を届けたいという思いが今回の企画のきっかけ」と話す。

[広告]

 同社では7月から約2カ月間、作品を募集し、応募用紙を各駅で配布。多数集まった作品の中から抽選した605点を電車の中づり、車体などに掲出している。

 掲出しているスペースは、本来は企業広告などを掲出するスペースになるが、「ドリームトレイン」はそこに子どもたちの夢の絵を掲出。「まさにドリームなトレイン」と広報担当者は話す。

 運行する車両は1車両のみで、1号車から6号車まで年齢順に掲出されている。605点の作品は、同社のウェブサイト「ぷらっと新京成」で掲出場所とともに確認できるほか、運行スケジュールも確認できるようになっている。

 担当者は「子どもたちの夢を乗せて電車を運行することで、夢を応援し地域社会の活性化を目指すとともに、新たな新京成ファンを増やせれば」と期待を寄せる。

 同車両の運行期間は12月中旬までを予定。運行区間は松戸~千葉中央駅区間。該当車両は8800形6両1編成。車両の運用によって運行しない日もある。