食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

船橋市、米ヘイワード市との姉妹都市提携35周年でイベント多彩に

二和小学校3年生の給食の様子

二和小学校3年生の給食の様子

  • 10

  •  

 米ヘイワード市と姉妹都市連携して今年で35周年を迎える船橋市が各種イベントを開催しており、その中の一環として二和小学校(船橋市二和東1)で10月7日、学校給食を通じて同市の食文化を味わった。

本日のメニュー。中央が「すずきのガーリック風味揚げ ズッキーニのソース(ヘイワード風)」

[広告]

 姉妹都市提携したのは1986(昭和61)年10月、今年で35周年を迎える。今回の企画は、国境を越えた市民同士の交流ができない中、35年にわたる友情の絆を次世代につなぐため、給食を通じてヘイワード市を学んでもらうために企画した。

 船橋市立の小・中学校、特別支援学校全83校では、配置された栄養士が献立を決め、それぞれ校内で調理する自校給食になるため、各校の栄養士が考案したヘイワードメニューが提供される。

 この日の二和小学校のメニューは、「鶏ときのこの和風ピラフ」「すずきのガーリック風味揚げ ズッキーニのソース(ヘイワード風)」、ポテトサラダ、白菜スープ、ヨーグルトあえ。同校の栄養士・高橋仁美さんは「ヘイワード市の特産物のズッキーニと船橋市の特産物スズキを一緒に味わえる料理を作りたいと思い考えた」と話す。

 児童からは「スズキとズッキーニのソースが合っていておいしかった」「ズッキーニは知らなかったけれどコリコリしておいしかった」「大人になったらヘイワードに行ってみたい」となどの声が聞かれた。

 市内の20店舗以上の飲食店では「ふなばしで食べようヘイワード!フェア」を開催しており、趣向を凝らした一品を提供している。ふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀町)では10月24日、記念式典と「インターナショナルフェスティバル」が開催され、ヘイワード市の花「カーネーション」と船橋市の花「ヒマワリ」で園内を彩り、記念撮影スポットも設ける。

 併せて、市が所蔵する提携当時の写真や市民から募集した思い出の写真など約40点を公開し、これまでの交流の軌跡をたどる「ヘイワード写真展」も開催。同展は「イオンモール船橋」(10月8日~17日)、「ふなばしアンデルセン公園」コミュニティセンター(10月19日~24日)、市役所1階美術コーナー(10月26日~11月5日)で開催する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース