見る・遊ぶ

10回目の「ふなばしハワイアンフェス」に1万5000人超 3年ぶりに開催

いわき市から参加した「ハーラウラウラーナニ」

いわき市から参加した「ハーラウラウラーナニ」

  • 26

  •  

  東日本大震災が起きた2011(平成23)年に始まり、今も船橋といわきをつなぐ復興支援のシンボルである「ふなばしハワイアンフェスィバル2022」が9月17日、3年ぶりに船橋港親水公園(船橋市浜町2)で開催され、1万5000人を超える来場者が夏の終わりを楽しんだ。

[広告]

 今回、コロナ前の規模に近い形での開催が実現。メイン会場「船橋港親水公園」に2ステージ、「ららぽーとTOKYO-BAY」に3ステージを設け、フラチーム34団体、ウクレレ奏者8団体、約1000人の演者が登場した。

 第1回からゲスト出演している福島県いわき市のフラチーム「ハーラウラウラーナニ」も出演、「カレッジフラコンペティション2022」の上位入賞校もステージに登場した。

 メイン会場には、フードエリア&船橋エリア、ハワイアンエリア、キッズエリアなどに35店が出店。市内飲食店のオリジナルメニューやハワイアン雑貨などを販売したほか、アクセサリー作りなどができるコーナーがにぎわいを見せた。サブステージ付近では、船橋商工会議所青年部が用意した「アンデルセンビール」600本を限定販売。

 第1回イベントで東日本大震災の状況を伝える写真展などで参加した陸上自衛隊第一空挺団も参加し、自衛隊装甲車の展示や装備品を試着した写真の撮影などを行った。

 実行委員長の茂木智広さんは「3年ぶり10回目となる今回。戦争やコロナ、円安など暗い話題ばかりの時期、みんなが笑顔で集まれるイベントを無事開催できて良かった」と振り返る。

 松戸徹市長は「このエリアは、ここからの5年で一番景色が変わる場所。アリーナができ、大きな公園もできる予定。このフェスティバルで来場した方の楽しみも、今後ますます増えると思う」とあいさつで述べた。茂木さんは「来年以降、イベントとしてはベイエリアの都市改革に合わせて連携を取りながら、これからの10年につながる形を模索していきたい」と続ける。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース