見る・遊ぶ 学ぶ・知る

ふなばしハワイアンフェスティバル盛況に 船橋港親水公園など3会場で

海をバックにしたステージでフラの共演

海をバックにしたステージでフラの共演

  •  

 船橋のベイエリアを広めようと2011年から行われている「ふなばしハワイアンフェスティバル2018」が9月8日、船橋港親水公園やららぽーとTOKYO-BAY(以上船橋市浜町2)、ビビット南船橋(浜町2)など3会場で開催され、約900人のフラ・タヒチアンダンサー、ウクレレ奏者が日頃の練習成果を披露した。

海をバックにしたステージでフラの共演(関連画像)

 東日本大震災の年に始まり、地震と津波で被災した東北地方の支援と、「海のある街」船橋らしい形でのPRをする目的で企画された。

[広告]

 ともに海があり、「フラダンス」を通じて発展してきた過去のある「いわき市」と「船橋」。「愛の言葉を伝える意味を持っているフラダンスで復興の輪をつなごう」という趣旨で始まった。

 この趣旨に、近隣で活動するフラチーム20チーム、約600人が応じ、福島県いわき市のフラダンサー「リノラニあゆみ」さんも初年度から毎年参加している。小名浜港近くにあるフラ教室の生徒たちを連れて毎年ダンスを披露し、復興していく街の様子を報告している。収益から旅費や宿泊費などを「復興支援」として捻出する。

 近年はカレッジフラの上位入賞校が参加、ウクレレコンテストのチャンピオンが演奏を披露するなどイベントの幅も広げてきた。地元船橋で活躍するアーティストが自慢の歌声や演奏を披露するなど地元色を強めた出演を誘致、近い日付で開催される別イベントとのコラボなども積極的に行っている。

 会場では、船橋市内や近隣の飲食店も模擬店を出店。全国各地からハワイアン関係の移動販売で活躍するキッチンカー、アパレル、雑貨販売事業者などが出店し、ハワイの雰囲気を演出した。

 実行委員会メンバーは地元経営者や会社員、主婦らでつくるボランティア。毎年100人近いメンバーが自主的に集まってイベントの運営してきた。今年も1万人を超える来場者が訪れ、夏の余韻を楽しんだ。