食べる 暮らす・働く

船橋東武で西船橋産小松菜のオリジナルメニュー、26店舗で展開

船橋東武オリジナルの小松菜メニュー

船橋東武オリジナルの小松菜メニュー

  •  
  •  

 東武百貨店船橋店(船橋市本町7、TEL 047-425-2211)で現在、地元を紹介する「船橋ウイーク」が行われている。

「こてがえし」の緑色の小松菜もんじゃ(関連画像)

 期間中、全館を挙げて船橋をPR。6階イベント広場では「船橋洋らん展」や「新春船橋華道展」「ヘルシー船橋フェア」など文化や健康に関するイベントも開かれる。

[広告]

 食品関連のフロアでは、西船橋産の小松菜をそのまま、または粉末状にして使った船橋東武オリジナルメニューを提供。昨年から始まった企画で、昨年の参加店舗数は12店舗。今年は26店舗が参加し32商品を提供する。

 地下の食品フロアでは、フルーツやスイーツの「京橋千疋屋」が小松菜のショートケーキ、和菓子の「葵の倉」が小松菜のどら焼き、ギョーザで知られる「HAOツー」では小松菜肉まんと小松菜ギョーザを提供するなど、15店舗がオリジナル商品を販売する。

 7階のレストラン街「スパイス」では、もんじゃ焼きの「こてがえし」で小松菜もんじゃ、そばの「永坂更科」で小松菜パウダーをそばに練り込んだ「船橋産小松菜そばの天ぷらそば」、洋食レストラン「上野精養軒」で小松菜とカキのコンビセットなど、11店舗で13種類のオリジナルメニューを提供する。

 営業時間は、レストラン街11時~22時、地下食品フロア10時~20時(日曜は19時まで)。1月22日まで。

  • はてなブックマークに追加