3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

京成船橋駅前に「MAE963(マエクロサン)」 世界のビールとアジアン料理主力に

店内カウンター席

店内カウンター席

  • 0

  •  

 京成船橋駅前に5月25日、「アジアンバルMAE963(マエクロサン)」(船橋市本町1、TEL 070-5363-0963)がオープンした。

店舗外観

 同店は「ラーメン&BAR 963(クロサン)」(本町2)、「麻辣&Chicken URA963(ウラクロサン)」(本町2)に次ぐ3号店。オーナーの黒川裕士さんは「得意とするアジアン料理をさらに広め、より本格的なアジアン料理を船橋で楽しんでほしいとの思いからオープンした」と話す。

[広告]

 「MAE963」は京成船橋駅前という立地と、本店より駅前に位置していることから「MAE」と名付け、「963」はオーナーの名字「くろかわ」にちなんだという。

 9.5坪の店内は、白い壁と木を使った北欧風のインテリアでまとめ、個性的な照明や家具でやわらかい雰囲気を演出する。1人でも入りやすいようにと、カウンター席も広めに設置する。

 ドリンクは、インドネシアのビンタンビール(698円)、ベトナムのサイゴンビール(698円)など世界各地のビール17種を用意。本格アジアン料理に合うビールに力を入れる。

 このほか、紹興酒と中国じょうゆを合わせた特製だれに長時間漬け込んだ「生酔っ払い海老」(598円)、24時間蒸し続けて骨まで軟らかくなった「よだれ鳥」(798円)がお薦めメニューという。市内の小松菜農家で契約栽培してもらっているパクチーを使った料理も用意する。

 「駅から近い本格アジアンバルで、食べたことのないミラクルワールドを楽しんでもらいたい」と黒川さん。

 営業時間は17時~翌3時。

Stay at Home