買う 暮らす・働く

船橋のレストラン隣に生花店 「花で幸せを生み出せる場所に」

店主の清水理代さん

店主の清水理代さん

  •  
  •  

 行田西小学校近くに9月13日、生花店「heureux flower and plants works」(ウルー フラワー&プランツ ワークス)(船橋市印内3、TEL 047-401-7930)がオープンした。

店舗外観(関連画像)

 「heureux」とはフランス語で「幸せ」。店主の清水理代さん(34)は「お花で幸せを生み出せる場所になれば」と話す。

[広告]

 隣接するレストラン「Duex Café」の店主は弟の孝規さん。2015年5月に同時オープンする予定だったが、理代さんの仕事の都合で今回遅れてオープンした。

 店舗面積は約10坪。店内にある切り花は、バラやユリなどのほかにオーストラリア産などのロゼッティやキングプロデアなどのワイルドフラワーも取り扱う。流行の多肉植物やエアプランツ、サボテンが店内を飾り、アレンジのヒントになるようにした。小瓶に特殊なオイルで花を密封して作る「ハーバリウム」は人気があり、開店早々品薄になったという。

 理代さんは葛飾小学校、葛飾中学校の出身。美容師として3年間働いた後に一念発起して花の世界に飛び込んだ。ホテルオークラ東京ベイ(浦安市舞浜1)の日比谷花壇、都内の生花店などに約10年勤め、ホテル、マンションの植え込みやブライダル会場の装飾、ブーケも手掛けた。「両親が花を育てるのが好きなことと実家の隣が花屋さんだったことに影響を受け、花の世界に入った」と話す。

 年内にはブーケやリース作り、多肉植物の寄せ植えなどのワークショップを始める予定。

 営業時間は10時~18時(月曜は12時~)。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加