見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

船橋で子ども向けワークショップ ママたちが手作りの楽しさ伝える

まんまるマルシェの作家たち

まんまるマルシェの作家たち

  •  

東武アーバンパークライン・馬込沢駅近くにあるリフォーム会社「誠建クリエート」(船橋市馬込西2)で8月9日、子ども向けワークショップを開催する。

手作り望遠鏡

 主催は、馬込沢を拠点にハンドメード作品の製作販売を手掛ける作家たちで組織する「まんまるマルシェ」。同団体代表の藤嶋真琴さんは「初めての子ども向けのワークショップを企画した。地域の子どもたちがハンドメードの楽しさを知るきっかけになれば。子どもたちの『自分でやりたい気持ち』を大切にしたい」と話す。

[広告]

 当日は、ヘアアクセサリー、キーホルダー、ワイヤアートのかご、ハーバリウムなどを作る。講師は「まんまるマルシェ」メンバーが務める。男の子も楽しめる「手作り望遠鏡」ワークショップは誠建クリエートが担当する。

 同団体はハンドメードが好きの母親たちで2014年3月に発足。きっかけは子どもが通っている健伸幼稚園で毎年行っている園児たちの作品展「健伸祭」で、同園から母親たちが出展できるバザーの企画提案があったことから。その際、手芸好きの母親たちが子ども用品やママバッグなどを作って販売し、意気投合した4人で「まんまるマルシェ」を設立。これまで地域のイベントなどで作品を販売してきた。

誠建クリエートは2016年7月から、地域貢献に力を入れ、地域の交流の場にレンタルスペースを提供している。最近は同社の建物を会場に定期的にイベントを開催している。

 開催時間は10時~14時。参加費は300円~1,000円。申し込み、問い合わせは誠建クリエートまで、メールまたはインスタグラムで受け付ける。