暮らす・働く

新京成線駅構内でモバイルバッテリーレンタル 別の場所に返却も

モバイルバッテリー。USB-C・iOS・Micro USBの3タイプのケーブルを内蔵し、ほぼ全てのスマートフォンに対応

モバイルバッテリー。USB-C・iOS・Micro USBの3タイプのケーブルを内蔵し、ほぼ全てのスマートフォンに対応

  • 49

  •  

 新京成電鉄(鎌ケ谷市くぬぎ山4)とINFORICH(東京都渋谷区)は7月1日、新京成線の駅構内にスマートフォンなどの充電ができる「ChargeSPOT(チャージスポット)」を設置し、順次サービスを開始している。

「ChargeSPOT 」のバッテリースタンドの様子

 「ChargeSPOT」は日本初の持ち運び可能なスマートフォンなどのモバイルバッテリーレンタルサービスで、「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、2018(平成30)年4月からサービスを開始。全国の駅・空港をはじめとする公共施設や、商業施設・飲食店・コンビニなどを中心に設置場所を拡大している。

[広告]

 利用者は、バッテリースタンドに表示されているQRコードを専用アプリ内のカメラで読み込むことで、モバイルバッテリーをレンタルすることができる。バッテリースタンドは全国の駅や空港をはじめとする公共施設や、商業施設・飲食店・コンビニなどにも設置されている。借りた時とは別のバッテリースタンドに返却することも可能。

 新京成電鉄では、他社線の接続駅である松戸駅、八柱駅、新鎌ヶ谷駅、北習志野駅の改札外コンコースに「ChargeSPOT」を設置。今後設置場所の拡大を検討しているという。

 利用可能時間は5時~24時。料金は、レンタル開始から48時間以内は300円(税抜)。最大7日間(168時間)まで1日(24時間)150円(税抜)。支払いは専用アプリやLINEなど全てキャッシュレス決済で対応する。

 新京成の担当者は「スマートフォンが世界的に普及している中、お客さまにより便利で快適に新京成線をご利用いただくことを目的として実施するもの」と話す。「今後もモバイルバッテリーのレンタルサービスを拡大していく予定」とも。

 問い合わせは、「お客さま案内番号」(TEL 047-389-1249、平日9時~12時・13時~17時30分)まで。