見る・遊ぶ 暮らす・働く

千葉ジェッツふなばしが駐車場シェアサービス 違法駐車防止などに向け

  •  

 船橋アリーナ(船橋市習志野台7)をホームアリーナとするプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」(船橋市西船4)は11月28日、駐車場シェアサービス「軒先パーキング」を運営する軒先(千代田区)と業務提携することを発表した。

 同施設の駐車場は約450台の車が駐車可能だが、ジェッツ公式戦当日には満車になることもある。千葉ジェッツは、公式戦当日の駐車場不足の解消やアリーナ周辺の交通渋滞緩和、違法駐車防止に向けた取り組みとして、業務提携に踏み切った。

[広告]

 軒先は、「軒先パーキング」を通じて、自宅の駐車場やアパート・マンションの空き駐車場、月決め駐車場などの空き駐車場を貸したい人と、イベント・観光・ショッピングなどの利用を目的に駐車場を使いたい人をマッチングする駐車場シェアサービスを展開する企業。

 「今回の提携により、アリーナ周辺の遊休地、住宅駐車場、月極駐車場、商業施設駐車場などの開拓を積極的に進めていきたい」と同チーム広報担当者。「駐車場を増やすことで、車での来場を促進させ、来場しやすいアリーナ環境の実現を目指し、取り組んでいきます」とも話す。