見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

Bリーグ開幕、悲願のリーグ制覇へ 「千葉ジェッツふなばし」のラッピングトレイン運行

富樫勇樹選手をあしらったドア横ステッカー(写真提供:千葉ジェッツふなばし)

富樫勇樹選手をあしらったドア横ステッカー(写真提供:千葉ジェッツふなばし)

  •  

 千葉ジェッツふなばし(船橋市西船4、TEL 047-401-4084)は10月4日のBリーグ開幕戦に合わせ同3日、新京成電鉄とのタイアップで2012年に始まり7年連続になる「千葉ジェッツふなばし」のラッピングトレイン「ジェッツトレイン ホームタウンふなばし号」の運行を始めた。

西村文男選手

 ラッピングするのは8800形1編成(6両)で、運行区間は新京成線内(松戸~京成津田沼)。京成千葉線へ乗り入れする車両のため、時間帯によっては京成千葉線内も運行する。

[広告]

 「千葉ジェッツふなばし」は昨季、天皇杯2連覇とBリーグでは初のチャンピオンシップ決勝まで勝ち進んだが、アルバルク東京に敗れ頂点を逃している。今季はBリーグ発足から3年、悲願のリーグ制覇に挑む。初戦は船橋アリーナ(習志野台7)で川崎ブレイブサンダースに72対81で敗れた。

 同広報の小松歩美香さんは「千葉ジェッツふなばしのホーム・船橋アリーナは、新京成線の北習志野駅から試合開催時に運航される直行バスをご利用されるのが便利。直行バスで来られる方は、ぜひラッピング車両が走っているかどうか確認を」と話す。

 運行期間は来年4月下旬(運行時間は日によって異なる)まで。