食べる

船橋にイタリアンレストラン「Per Ora」 地元出身シェフが地産地消メニュー提供

一人でも気軽に入れる雰囲気の店内

一人でも気軽に入れる雰囲気の店内

  •  
  •  

 東武アーバンパークライン塚田駅近くの住宅街にイタリアンレストラン「Per Ora(ペルオラ)」(船橋市北本町2、TEL 047-779-4562)がオープンして2カ月がたった

ランチメニューの一例。ドリンクとデザートも付く

 船橋出身で店主の早崎一輝さんは「地元産の本当においしい野菜を探し直接仕入れをしている」と話す。三須トマト農園(印内3)のトマト、石井農園(本郷町)のイタリアン野菜、奈良養鶏園(馬込町)の卵などを使うほか、魚介類は船橋市地方卸売市場(市場1)で仕入れを行う。

[広告]

 店名の「Per Ora」はイタリア語で「とりあえず」の意味。早崎さんは「気軽に来てもらいたいと思い名付けた」と話す。大学卒業後フレンチレストランで調理経験を積んできたという早崎さんは25歳の時、都内を中心にレストラン事業を展開する「SEED-TANK」に入社。西麻布などのイタリアンレストランや銀座のホテルレストランで15年間働き、副料理長や料理長を務めた。お台場にあるイタリアンレストランでも料理長を務めたという。「料理の世界に入ってから、いつかは独立したいと思っていた」と話す早崎さんは、夢をかなえ、地元に自分の店を出店した。

 店舗面積は12坪。席数はテーブル席5卓10席、カウンター席6席。薄いグレーとブルーの壁に生花を飾り、シンプルで落ち着いた雰囲気を演出する。

 サラダ、スープ、パスタ、ドリンク、自家製フォカッチャ、一口デザートが付くランチメニュー(1,250円)を提供するほか、10人以上で「貸し切りプラン」にも対応する。火曜~金曜、日曜は1人5,000円(2時間制)の飲み放題プランも用意する。以上税別。

  早崎さんは「船橋駅前まで行かなくてもイタリアンが楽しめる。地元の人に来てもらえるとうれしい。席数が少ないのでランチ、ディナーともに予約をしていただければ」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時(水曜~金曜)。ディナー=18時~23時。月曜定休(祝日は営業し、翌日休み)。