3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

船橋に高級食パン専門店「あせる王様」 プロデュースは岸本拓也さん

店舗外観

店舗外観

  • 99

  •  

 高級食パン専門店「あせる王様」(船橋市本町1、TEL 047-460-9996)が8月1日、船橋市にオープンする。

プロデューサーの岸本拓也さん

 運営するのは、船橋・習志野地区を中心に不動産事業を営むレオ・コーポレーション(山野町)。「地域密着企業として、日常食である食パンの販売で地域の皆さまに幸せを提供したい」との思いから新たな業態にチャレンジすることを決めた。

[広告]

 同店をプロデュースしたのはベーカリープロデューサー岸本拓也さん。岸本さんが手掛ける食パン専門店は全国各地にあり、東京・神奈川での「考えた人すごいわ」、北海道では「乃木坂な妻たち」など、船橋の同店で99店舗目を数える。

 岸本さんによると、店名「あせる王様」の由来は「これまでぜいたくを尽くしてきた味にうるさい王様ですら、おいしくて焦ってしまう食パン」からきているという。外観や持ち帰り用紙袋などに描かれる個性的なライオンのイラストは、地域愛が強い同社の思いに応えるため、「幅広い世代から愛されるキャラクターとなるよう愛嬌(あいきょう)を大切にした」とも。

 販売する食パンは全て店舗裏の厨房(ちゅうぼう)で作られる。仏ブルターニュ地方のゲランドの塩をはじめとしたこだわりの食材を使った食パンは、「毎日食べても飽きがこないことを大切に、試作段階よりもバターを少し減らし、しつこさを感じない味わいになるよう調整した」という。

 販売する食パンはいずれも2斤サイズで、プレーン味の「キング」(800円)とシャンパン漬けのレーズンが練り込まれた「クイーン」(980円)の2種類(価格は全て税別)。

 グランドオープンの8月1日と翌日の2日は、それぞれ先着50人限定でパンナイフをプレゼントするほか、7月31日13時からはプレオープンで一足先に同店の食パンを購入することができる。

 営業時間は10~18時。テークアウトのみ。

Stay at Home