食べる

船橋に戸建てで「喫茶TOJIN家」 サンドイッチやアルコールの提供も

店主・福島梓さん(左)と夫の康仁さん

店主・福島梓さん(左)と夫の康仁さん

  • 27

  •  

 「喫茶TOJIN家(とうじんち)」(船橋市高根台1、TEL 047-462-5626)が2月22日、新京成線高根公団駅近くにオープンした。

店内の様子

 店主は東京都江東区出身の福島梓(あずさ、旧姓東司)さん。同店は築48年の戸建てで、広い庭も構えている。福島さんの祖父、東司三郎さんの家で、10年前から空き家になっていた。

[広告]

 都内に住んでいた福島さんは、これまで介護や生命保険の仕事を経験してきた。「普段から健康でいること、保険について知ることの大切さを感じ、周囲の人にそれを伝えることができる場所を作りたい」という思いから、喫茶店を開業。場所を探していたときに、幼い頃から遊びに来ていた高根台の家を思い出し、夫と同所に移転、2階を住居、1階を喫茶店として開業した。

 「喫茶TOJIN家」という店名には「『〇〇ん家行こうよ!』という感覚で気軽に来てもらいたい」という願いを込めているという。入り口となる玄関は常に閉まっているため、来店者が玄関脇のインターホンを押すと福島さんが「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくれ、アットホームな雰囲気が漂っている。

 店舗面積は約22坪。店内には2人掛けテーブル3卓、カウンターが4席。テラス席と和室も利用可能。子ども連れの場合は和室を貸し切って利用もできる。

 メニューは「いろどり野菜プレート」(850円)、「TOJIN家オリジナルサンド」(800円)などのサンドイッチを中心としたフードメニュー5種類。「ミニプリン」(250円)、「和パフェ」(350円)などデザートメニューもあり、「何度来ても飽きないように」と種類豊富なメニュー構成になっている。ドリンクには、ビール、無添加ワインなどアルコールも用意する。

 「体にいい素材にこだわっている」という福島さん。野菜は印西市の農家「柴海農園」から取り寄せ、みそと麹(こうじ)は長野県千曲市の「味噌蔵たかむら」から取り寄せている。10種類の野菜を使ったサラダには、自家製ドレッシングが添えられる。

 リンパマッサージの施術の資格も持っている福島さん。「喫茶店以外にも、リンパマッサージやもちつき大会、マルシェなど、『ここに来たら何か面白いことをやっている』と思ってもらえるにぎわいのある場所を作りたい」と今後の目標を話す。

 「親子連れや中高生にも安心して来てもらいたい」という福島さんの願い通り、「お店のオープンが気になっていた」と、来店した女子高校生2人は「(家のように居心地が良く)お店じゃないみたい」と笑顔で話した。

 「1人で作っているので時間がかかることもある。時間に余裕を持ってご来店いただければ」と福島さん。

 営業時間は10時~20時(フードのオーダーは11時15分~19時、ドリンクオーダーは10時~9時30分)。日曜・月曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース