見る・遊ぶ

船橋で「お店めぐりスタンプラリー」 小学生対象「バス乗り放題」チケットも

スタンプラリー冊子

スタンプラリー冊子

  •  

 船橋の中心市街で8月1日、市内にある21店をめぐる「お店めぐりスタンプラリー」が始まった。主催は、ふなばし産品ブランド協議会、ふなばしお店グランプリ実行委員会。

「お店めぐりスタンプラリー」参加を呼び掛けるイベントスタッフ

 昨年行った、ふなばしセレクション認証品の取扱店舗14店をめぐる「ふなばしセレクション認証品お店めぐりスタンプラリー」の続編企画。

[広告]

 今年はふなばしセレクション13店に加え、2016年度、2017年度の「ふなばしお店グランプリ」で表彰された8店の計21店が対象。船橋市内の個性的で魅力ある店を発掘し、書類審査と臨店審査を経て表彰する「ふなばしお店グランプリ」の一環。

 スタンプラリー台紙は店の紹介を掲載した冊子になっており、店により台紙を見せると割引などの特典を用意している。

 5店分のスタンプを集めた先着800人に限定グッズ「船えもんパンチクール」を進呈するほか、21店全てのスタンプを集めた先着200人に「船えもん」キーホルダー(限定デザイン)を進呈する。さらにバス会社オリジナルグッズ、参加店提供商品、船えもんグッズ詰め合わせのいずれかを抽選で進呈する。

 賞品の受け渡しは、ららぽーとTOKYO-BAY西館1階にある船橋市観光協会で行う。受け渡し期間は8月24日~9月23日。

 同イベント運営事務局では今回、バスを使ってスタンプラリーに参加することを推奨している。「電車よりもさらに店の近くまで行ける。バスで市内を回って船橋の魅力をさらに見付けてもらえれば」と市のイベント担当者。京成グループ14社では、8月1日~31日、小学生を対象に京成グループ14社の路線バスに何度でも乗り降りできるチケット「こどもんどころパス」(2000枚限定、1,000円)の販売も行う。

 9月2日まで。