食べる

山口横丁の「ISARA」がリニューアル 店内改装、ランチ営業も

スタッフの田中萌子さん

スタッフの田中萌子さん

  •  
  •  

 JR船橋駅から徒歩約2分、山口横丁にある「Oriental Garden ISARA(オリエンタルガーデン イサラ)」(船橋市本町4、TEL 047-424-3911)が10月1日、内装やメニューをリニューアルしランチ営業もスタートした。

リゾートホテルのような雰囲気の店内

 船橋を拠点に飲食業など展開している快美インターナショナル(本町4)が経営する同店は、2008(平成20)年5月にアジア料理店としてオープン。店舗面積約60坪で、白と茶を基調とした内装は壁に石が施さしリゾート感のある雰囲気。7人掛けテーブル1卓の個室1室、4人掛けテーブル2卓の半個室3室、4人掛けテーブル2卓ラウンジルーム1室、8人掛けテーブル1卓、カウンター8席。を用意。今回新たに設けたラウンジルームには暖炉を設け、窓から滝を眺めることができ、滝の音に癒やされるという来店客もいるという。

[広告]

 店内奥にある熟成庫には大きな塊肉を並べ、熟成の具合を見ることができる。温度、湿度、風量を一定条件にして専用保管庫で管理するドライエイジング法を採用した。

 熟成肉のメニューは、国産牛、黒毛和牛(100グラム=980円~)などがあり、内モモやランプ、サーロインなど部位ごとにオーダーが可能。ブラックアンガス牛(600グラム=7800円~)はLボーン、Tボーン、熟成トマホークを用意。ソースはグリーンマスタードやさんしょうじょうゆ、オニオンとブラックペッパーソースなど5種類から3種類を選ぶ。そのほか、船橋市場から仕入れる新鮮な野菜を使った「自然を楽しむバーニャカウダ」(980円)、「野菜で食べるカルパッチョ」(1,000円)や、リニューアル前から人気だった「野菜と海老の生春巻き」や「グリーンカレー」なども常連客のリクエストに応えて用意。

 ランチタイムはメインの料理を約7種から選び、ドリンクや前菜、デザートはビュッフェ形式(一般=1700円、小学生=900円、幼児=500円)になる。

 同店開店時からスタッフとして働いている加納綾子さんは「落ち着いた空間の中で、記念日や大切な方とゆっくり過ごしてもらえればうれしい」と話す。

 営業時間は11時30分~15時、17時~23時(土曜・日曜・祝日は11時30分~23時)。

  • はてなブックマークに追加