学ぶ・知る

「ふなばし三番瀬環境学習館」でスマホ使ったスタンプラリー 土曜・日曜・祝日に開催

ふなばし三番瀬環境学習館・広報担当の山口奈生さん

ふなばし三番瀬環境学習館・広報担当の山口奈生さん

  • 10

  •  

 「あるいて!さがして!三番瀬スマホdeスタンプラリー」が4月3日、「ふなばし三番瀬環境学習館」(船橋市潮見町、TEL 047-435-7712)で始まった。

看板のQRコードをスマホで読み込む

 同館では初となる屋外を活用したイベント。参加者はマップを手掛かりに、QRコードとキーワードが記された看板のあるスタンプスポットを巡り、各スポットでスマートフォンを使ってQRコードを読み取り、スタンプを集める。スタンプの収集状況はイベント専用ウェブアプリで確認でき、スタンプを8つためるとアプリ上に、最後のクイズに挑戦できる場所が表示される。

[広告]

 今回の企画は、コロナ禍における3密防止を意識した設計になり、スタンプ獲得時のQRコードの読み取りや赤外線センサーを使った最後のクイズ回答など、すべて非接触で完結できるようになっている。

 同館広報・連携チームの山口奈生さんは「実はマップはいくつかの種類がある。屋内スポット中心のマップもあるので、雨の日でも楽しむことができる。ぜひご家族で遊びに来てほしい」と呼び掛ける。

 「アプリ開発チームは前日の夜遅くまで調整に取り組んでいた。小さなお子さんにも楽しんでいただけるように、アプリ内や看板の表記を分かりやすくすることに力を入れた」とも。

 スタンプラリーは4月の土曜・日曜に、4月29日~5月5日の15日間の開催となる。受付時間は9時~15時。景品の受け取りは17時まで。対象は3歳以上。スタンプラリー参加費=100円(館内スポットを巡るには要別途入館料)。

 同館2階テラスには、4月から新たに砂場を設置した。「干潟には危険なものが落ちていることもあるので、一定以上の年齢にならないと安全に遊ぶことができない。乳幼児でも安心して砂遊びが楽しめ、干潟への興味を持ってもらえる場所を造った」と山口さん。砂場は土曜・日曜・祝日のほか、平日午後も開放する予定。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース