食べる 買う

船橋に「サンドイッチの店 ハマヤ」 昭和の味を求めたボリューミーサンドイッチ

店の前に立つ、店主の長谷川浩之さん

店の前に立つ、店主の長谷川浩之さん

  • 40

  •  

 「サンドイッチの店 ハマヤ」(船橋市西船4)が4月19日、京成線京成西船駅近くにオープンした。

ショーケースに並ぶサンドイッチ

 店主は船橋で育ち、西船橋在住の長谷川浩之さん。東京・新橋の居酒屋で店長として長年勤め上げ、コロナ禍で自身が身を引き、独立を決意。

[広告]

 店を開くに当たり、多くの飲食店を訪ねた中で、その味に感動した西日暮里の「ポポー」(東京都荒川区)で出会ったサンドイッチを思い出したという。タイミングよく現在の物件が空き物件になったこともあり、居抜きで店を構えた。その間「ポポー」には何度も通い、その味を思い出し、試作を重ね再現。現在約15種、約120個を1人で作る。

 メニューは「たまご」(250円)、「ツナ」(280円)、「ポテト」(230円)、「ハムカツ」(240円)、「野菜」(270円)、「ハンバーグ」(290円)など。「ツナ&たまご」「ハムカツ&たまご」(以上270円)、「ハムカツ&野菜」(260円)などの2種類パターンもある。

 長谷川さんは「女性から、2種類食べたいけれど、ボリューミーで食べきれないというお声をいただいた」と笑う。「いちご」(270円)や「キウイ」(260円)など、季節の果物を使ったフルーツサンドも用意する。「チョコバナナなどもやっていきたいですね」とも。

 「流行りものはやりたくない。流行りものは廃れるのも早いので。懐かしい昭和の味、定番の味を目指している。特に推しは『ツナサンド』と『たまごサンド』」とサンドイッチに込める想いを話す長谷川さん。「20種200個を目指している。そのくらいないとおもしろくない」と気合を入れ、「ただ、一人で作っているからね」と笑う。

 店名は、JR下総中山駅や京成線京成中山駅近くの「佃煮処 はまや」(本中山2)や「酒・食事処浜や」(本中山2)と親戚ということもあり、屋号から名付けたという。

 営業時間は6時~13時(なくなり次第終了)。日曜・祝日定休

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース